看板は広告に多くの影響をもたらすので、こだわって制作しましょう

利用することにより世間に広く周知できる広告

看板のメーカー選び

居酒屋経営に欠かせない赤ちょうちん

居酒屋経営に欠かせないものは、やはり看板です。我が家の場合は、日本酒の仕入先からの看板が店についています。この看板、低価格に見えて、割と高額な買い物になってしまいます。自ら作り出すと、7,8万円は下らないと思われます。ここに仕入先のメーカー名を載せるだけで、負担金が比べるものにはならないほどの少額になります。うちの場合は一種類の日本酒で通していますが、最近は、地元の関連した日本酒や、開催されている「火祭り」などの名前が付けられています。地元の水を使って製造された日本酒など、来客に注文されたこともありますが、メーカーサイドの看板を優先して、販売しております。その日本酒でも、隣の地域の日本酒なので、地元のものといっても過言ではないと思われます。

高額な看板と赤ちょうちん

看板には、メーカーからの補助金額が出されますので、我が家の出費はわずかで済みますが、以前は赤ちょうちんも個人経営の我が家にとっては、万単位の買い物でした。それでも現在は、色々なメーカーからのカタログショッピング等、またインターネットショップで安く手に入れることが、できるようになってきました。安価な提灯のために、我が家の名前を入れることは、不可能なことですが、2000円前後で購入することができます。「居酒屋」又は「飲み処」などの文字はどこの看板を見ても同じようになってしまいますが、来客にとってはその提灯に明かりがともされているかどうかの違いだけだと思います。安価の性もありますが日光に照らされて赤ちょうちんが白くなって、輝いています。外国人の方にとっては、赤ちょうちんがついていようが、看板が消えていても、関係が内容です。内部に明かりがついていたり、「OPEN」の看板が下がっていれば良いとの判断で来店されてこられるようです。海外のレストランは外部でオープンにされているので看板はあまり関係がないように思われます。